ブログトップ

移転済み(→http://umbrella.exblog.jp/)

unloved.exblog.jp

<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

刀剣乱舞、始めました(3)

獅「出陣だな!」 私「はい!」
獅「行くぞ、」 私「はい!」

獅「じっちゃんの名にかけて!!」
私「はい!!!!!!!」

他の隊員の視線が痛い・・・

獅子王ちゃんの言葉に相槌打つのが当たり前になってきた。どうもチンパン審神者です。
江雪なんかはもう目も合わせてくれないから。和睦したくなさそう、私とは。ほ、ほら、今度 ランチ連れてってあげるから・・・仲良くしようよ・・・

ところで前回のプレイ日記はにっかりの修復待ちで終わったと思うんだけど、悲しいことに、にっかりが第一部隊に戻ることはありませんでした。

苦渋の決断だった。
綺麗に手入れされたにっかりを見て、すぐにでも第一部隊に戻したかった。
皆もそれを望んでいるのはよくわかっていた。とくに一番付き合いの長い陸奥なんかは、にっかりの修復完了の報せを聞くと目に見えて喜んで、鼻歌を歌いながら銃弾詰めてた。あのさ、このタイミングでなんだけど、刀使えよ お前。腰のはなんだ?飾りか?
だけど、私は、にっかりに除名を言い渡した。ここからの局面、にっかりでは勝てないと思ったからだ。仲良しグループを組むのは私の仕事ではない。
私は、勝利を掴むための部隊を編成しなければならないのだ。

にっかりは笑っていた。
それは私がよく知る彼の笑顔だった。
「笑顔が一番だよ。・・・最終的にはね。」そう言って、誰にも譲らぬ勢いで誉を掻っ攫っていったお前のこと、私は忘れない。

そんなわけで、今日、新生・第一部隊が誕生しました。

c0294477_23570977.jpg

c0294477_23570996.jpg

c0294477_23570918.jpg

c0294477_23570949.jpg

c0294477_23571019.jpg

c0294477_23571035.jpg


これがね、もうね、雰囲気 最悪。

ビビる。何がビビるって、大倶利!!お前だよ!刀剣きってのムードブレイカーと呼んでいい?ホントね、皆がにっかりがいなくなった寂しさを心に閉じ込めて大倶利とコミュニケーションとろうとしてんのに、「馴れ合うつもりはない」としか言わねーの。次郎太刀なんか酒の勢いに任せて拳振りかざそうとしてたから。陸奥と山姥が止めてくれなかったら危なかった。
獅子王ちゃんも愛想ない新入りにちょっと苛々してる感じ。江雪もなんとなく表情が険しい。
私は考えた挙句、ある重大な決断をする。それは大倶利の隊長任命である。

「隊員!?俺 隊長がいーなー!」

先に獅子王ちゃんに隊員になってほしいと告げたところ、予想通りの反応が返ってきた。あまりのかわいさに冗談だと言いたくなるけど、ここはグッと我慢。できるだけ冷静に、狙いを説明する。
大倶利が隊長なのはレベル上げの間だけであること、4面になったらまた獅子王ちゃんに隊長やってもらうこと、このまま大倶利が馴染めないのが一番困ること、隊長だったら嫌でも皆と関わらなきゃならないから、どうにかしてアイツに隊長をやらせて皆とコミュニケーションをはかってもらいたいこと・・・
話しているうちに、獅子王ちゃんのふくれっ面も渋々ながら納得してくれた顔になり、ようやく首を縦に振ってくれた。あー、よかった!あとは皆に発表するだけだ。集合をかけて、今からの出陣は大倶利が隊長を務めると報せる。

ざわつく部隊。江雪が不安げに獅子王ちゃんを窺っている。山姥もめずらしく目をくりくりさせて驚いている。まあでも審神者の言うことは絶対だから。チンパンでも審神者は審神者だから。従ってもらうよ、諸君。
大倶利はどうかなー、案外こういうのに燃える男だったりすんのかなーと思いながら さっそく出陣してほしいと声をかけると、

「俺は行くぞ。お前らは好きに出ればいい。」

み、ん、な、で!!行ーくーの!!!!!!!!!!!!

ホンッットぶん殴ろうかと思った。いいかげんにしろよ。皆が「え!?」って慌てて後ろをついてってたから。も〜〜獅子王ちゃんとぜんぜん違う!!獅子王ちゃんとかさー、絶対アレやってくれるじゃん。円陣組んで皆で手を重ねて、「そんじゃ、頑張っていきまっ・・・しょい!」ってやつ。毎回やってくれるじゃん、たぶん、獅子王ちゃんは。隊長にこんなんされたら隊員もニコニコしながら やるか!って気持ちになるじゃん。

大倶利、お前、大丈夫?
もしかして私の知らないとこでイジメにあったりしてんの?それだったら群れたくないのもわかるけど。言ってね、悩みごととかあるんなら。

で、まあ、レベル上げのために大倶利隊長率いる第一部隊で何度か出陣したんですけど、もうね、笑ったね。

まず第一にね、皆が即効で疲れてた。大倶利と獅子王ちゃん以外、マジで四人とも疲れだした。江雪と陸奥はね、HPもちょっと削れてたから手入れ部屋放り込んで一石二鳥だったんだけど、山姥と次郎太刀はHP満タンなのにぐったりだったから。もう時が癒してくれるのをひたすら待ったよね。

第二は、大倶利の弱さね。これは私がレベル上げ怠ってたのもあるからあんまり言っちゃ可哀想だけど、もう、とにかく索敵を失敗する。一回も成功しない。攻撃もね、「見え見えだ」とか言うくせに、軽症しか負わせらんないの。

えっ?見え見え・・・なんでしょ?
なんで、急所、狙わないの?

「俺一人で充分だ」っつって会心の一撃しても、敵、重症なの。トドメ、獅子王ちゃんが刺してんの。ぜんぜん一人で充分じゃねーの。二人、必要なの。ねえ、どうして?どうしてなの、大倶利?

で、最後はね、江雪。江雪の苛々がね、ピーク。
なんか私、江雪の会心の一撃をあんまり見たことなくて、あー、やっぱり戦いたくないキャラだからあんまでないのかなって勝手に思ってたんだけど。強いからこそ本気だせないみたいな子なのかなって解釈して、納得してたんだけど。

ここにきて、まー、でるわでるわ。
今日だけで一週間分くらいの江雪の会心の一撃を見たから。

「戦うということは、こういうことですっ・・・!」

ねえ、これ、大倶利に言ってない?

未だ一人で敵を破壊できない、大倶利に、言ってない?江雪のピリピリムードに皆はタジタジですよ。獅子王ちゃんと山姥が遠慮してぜんぜん会心の一撃しなくなったもん。次郎太刀は相変わらず「振り回しときゃ当たる!」ってぶんぶん振り回してたけど。でもなんか、振り回すときもチラッチラ江雪見てた。これはセーフ?みたいな感じで。
温厚なひとを怒らすとコワイな、やっぱ。私も江雪への接し方には気をつけよう。

そんな険悪な雰囲気のまま出陣を繰り返し、大倶利がようやくレベル20になったところで、即 隊長を獅子王ちゃんに戻して4-1に挑みました。

待ちに待った隊長任命にルンルンの獅子王ちゃんが一発でボスマスに進み、皆も獅子王ちゃんの指示のもとのびのびと力を発揮し、何不自由なくボスを倒し本丸へ帰還。
陸奥がね、ちょっと疲れてたんだけど、これはもう精神的なものだと思うのね。ずっと江雪と大倶利の一発触発ムードを和ませようと頑張ってくれてたから。まあスベり倒して次郎太刀に首根っこ掴まれてたけど。陸奥には感謝しかない。第一部隊の接続詞的役割としてこれからも期待してるから。

今は皆 本丸でくつろいでいるのですが、私は今から明日からの出陣をどうするか真剣に考えなければなりません。
あー、まさか大倶利がここまで部隊に馴染んでくれないとはな!?大誤算だったわ。にっかりが奥の和室で小夜や同田貫相手に笑顔の作り方を講義してくれてるらしいから、それに連れて行こうかなあ。




[PR]
by r_nejp | 2015-05-31 21:13 | GAME/COMIC

刀剣乱舞、始めました(2)

〜さらば 嘆きの除名編〜

獅子王ちゃんを隊長に、薬研、陸奥、山姥、にっかり、江雪の六人で第一部隊として数々の戦いを勝ち抜き早数日、この子らの結束もなかなか強まったんじゃないかな。
江雪もねー、最初はね、和睦したい和睦したいっつって。話をつけてきますって敵に歩み寄ろうとするからね、待て待て待て!!って獅子王ちゃんや薬研がとめてたんだけど。おかげで敵に見つかってうまく隠れられたんだろうね、獅子王ちゃんが何回も索敵失敗してたから。陸奥は陸奥で江雪の反戦精神に「おんしは話のわかる男じゃ!」って親しげに肩寄せてるし。いやごめん、見てないけど。その様子は。完全に憶測だけど。ま、なんにせよ、たぶん第一部隊は今にも仲間割れするギリギリの状態でいたと思う。
でもね!最近ではね、江雪も割と敵を殺めることに抵抗なくなってきてる感じ。何回 誉を貰っても一貫して「嬉しくありません」って眉顰めてた江雪が、さっき 元気してるかなって部屋に行ったらほくほく顔で花びら背負ってたから。ちょうご機嫌だった。陸奥も陸奥で特を貰ってニコニコだったし。その二人の様子を見て四人は安堵のため息ついてるし、なんだかイイ雰囲気。

あー、もう、よかった!!本当によかった。この六人がまとまってくれて。
もうね、何回 鍛刀して、新しい刀剣をゲットしても、私のお気に入りはこの第一部隊の子らなワケ。愛着が他の刀剣たちの比じゃない。誰一人として替えがいない、第一部隊は。
この六人で、これからもずーっと頑張っていこうねっ。

しかし運命はいつだって残酷なものです。ときに軽傷を負いながらも3-3まで戦ってくれていた薬研が、3-4にきて、まったく歯が立たなくなった。さらに言えば、獅子王ちゃんが怯えてるのか、何度出陣してもボスマスに連れてってくれなくなってしまった。

私「獅子王ちゃんが3-4のボスマス一生避けてるんだけどどうしたの」
友「知ってる?大太刀おらんとボスマス永遠に行かれへんとことかあるからな?」

大太刀。
心当たりなら、ある。今朝 手に入れたばかりの、私の持つ唯一の大太刀・次郎太刀。

c0294477_23455779.jpg


だけど、だけど!部隊の定員は六人。これは変えられない。相手も最高人数は六人を守ってくれてんだから、そこはフェアにやらなきゃいけない。
だから、彼を入れるということは、ボスマスに行くために、彼を入れなきゃならないということは、それはつまり、つまり・・・・・・

部隊の様子を覗く。
何も知らずにいる、第一部隊の一人一人の顔を涙を堪えながら見つめた。

この子たちで戦っていくんだと誓った。この六人で、いっしょにこの激動の乱世を生き抜いて、ずーっといっしょにやってくんだって、本当に、そう思っていた。
そうあれたら、どれほどよかっただろうか。隊長である獅子王ちゃんは、不安げに次の出陣に備えて準備をしている。恐らくこのままでは、獅子王ちゃんは次もボスマスには連れて行ってくれないだろう。負ける戦はしたくない、誰だってそうだ。太刀2、短刀1、打刀2、脇差1の第一部隊が力不足であることを、獅子王ちゃんはわかっているに違いない。

チンパン審神者ですら、理解できる。戦に情は不要だった。
私は薬研を外し、次郎太刀を第一部隊として迎え入れ、出陣を命じた。

途端、ボスマスへスキップで向かう獅子王ちゃんの姿が!

えっ・・・?そんなに・・・?そんなに不安だったの、薬研が?いや、言えよ!もう、直接 言えばよかったじゃん!!始めの方からいっしょにやってきた仲なんだから。薬研だって私から除名を言い渡されるより、隊長であり仲間である獅子王ちゃんから相談された方がよかったに決まってる。苦笑いしながら、俺っちが降りればいいんだな?って言ってくれたに決まってる。
いやー、まあ、しっかし、これだけわかりやすいとやっぱりかわいいな、獅子王ちゃん。もうイキイキしてる。前回の出陣でのソワソワが嘘のように、あっちにボスいっぞ!ってぐいぐい連れてく。皆が突然現れたオカマの新入りに動揺してる中、獅子王ちゃんだけが「強くなったんだからいーだろ!」みたいな感じで俄然やる気になってる。

や、薬研・・・
私は忘れないから、お前のこと。誉を貰ったら「勝ったぜ、大将!」って嬉しそうに告げてくれるお前が、ホント、好きだった。忘れない。

そんなこんなで不自由なくボスを倒し本丸へ戻ってきた第一部隊。
誰も疲れてないあたり、意外とこの六人は相性がいいのかもしれない。最初は次郎太刀を不審がってた四人も、大太刀の実力を目の前にして見方を変えた感じが窺える。ふむふむと思いながら、安心して獅子王ちゃんに4-1も行ってみるかって声かけた。

それが間違いだった。
あれだけ笑顔を絶やさなかったにっかりが、敵からの攻撃によって重症を負い、顔を苦痛に歪め脂汗をかきながらうずくまってしまったのだ。

慌てて本丸へ帰還し、即 手入れ部屋へ放り込んだ。
修復まで二時間の表示を見て、自分の見通しの甘さがにっかりの笑顔を奪ったと思うと、胸が痛かった。

部隊は沈んでた。破壊寸前までボロボロになった仲間を見て、自分たちが死と隣り合わせで戦っていることを再認識したのだろう。明朗さが売りの獅子王ちゃん、飲んで忘れよ!が口癖の次郎太刀でさえ、口数少なく俯いてる。え、山姥?あれはいつもあんな感じだから。だいたい部屋の隅で爪のささくれいじってっから、ヘーキ。

もう誰にも うちの子たちをやらせはしない・・・!
そんな決意をかたくして、にっかりを治療に専念させるために除名し、少し前に手に入れた大倶利を加入させました。

c0294477_23455789.jpg


個人戦じゃねーんだぞ ふざけんな!!!!!!!!!!!

はー、もう、マジで、いけんの?大倶利。チーム戦だっつってんだろ!皆が敵に攻撃してる最中、お前だけイヤホンで音楽聴いてリズム刻みだしたら張り倒すからな。ボイパとかした瞬間 除名するからな。
う〜〜〜〜ん、選択ミスったかな!?大丈夫かな、第一部隊に大倶利入れて。打ち解けてくれるかな。獅子王ちゃんが よろしくな!って差しだした手を無言で無視するの、もう、目に見えてる。いっとくけど獅子王ちゃんを傷つけたら即 刀解だから。

ドキドキしながら皆に大倶利を紹介し出陣を促すも、誰一人として手入れ部屋の前から動かなかったので、今日は諦めました。
にっかりの修復を待って4-1に再挑戦しよう。第一部隊には、私の考えていた以上に にっかりの笑顔が必要だったんだ。




[PR]
by r_nejp | 2015-05-30 18:10 | GAME/COMIC

刀剣乱舞、始めました(1)

獅子王ちゃんにビーマイベイベーって囁きたいだけの人生だった。

遅ればせながら流行に乗った先で、ホント、思いがけず運命の出会いを果たしました。最近では会社から帰宅するなりパソコンを開き、刀剣乱舞のページにアクセスし、獅子王ちゃんに「今日もかわいいね〜^^」って話しかけるだけの日々を送っています。闇かよ。友人らは会って触れられる彼氏に「今日もかわいいね」って直に囁かれてんのに。かたや、コレ。両親にはもう孫を諦めてもらうしかない。

ま、そんなわけで、始めました 刀剣乱舞!!
やり方がわからなくて友人に「スカイプで教えてくれ」って頼み込んで、進めた。チュートリアル的な役割の白い動物の言うことが、もう、何一つ理解できなくて。チンパンには無理。「もう一度 お聞きになりたい方は9を押してください」みたいな機能つけてくれ。頼む。

友「最初の刀 誰にしたの?」
私「誰やったかな?一番強そうな子にしたけど。誰にした?」
友「陸奥守吉行だよ」
私「聞いたことないな、違うかも。うちはなんか坂本龍馬の・・・」
友「陸奥守吉行だよ!!」

c0294477_23362345.jpg


陸奥守吉行でした。

てかね、あのメンツでは一番戦闘に向いてそうだと思って陸奥を選んだのに、ぜんぜん戦う気なくて笑う。出陣やぞ!って声かけても「戦か・・・必要なら、仕方ないがのう」とか言う。たぶん、眉とか、ちょー下げてる。ぜんぜん乗り気じゃない。向いてなさすぎ、この乱世を生き抜くのに。
そのくせ本丸にいるときはさ〜、

「いっしょに世界を掴むぜよっ👊✨」

とか言ってくるじゃん。もーね、お前ね、何の種目でてっぺん取る気なの?太腿チラ見せコンテスト?

それに比べて、私の獅子王ちゃんの戦に対するモチベーションの高さ。
見習って、陸奥。よく見といて、戦闘を前にした、彼の瞳の輝き。

c0294477_23362305.jpg


ハアーーーーかわいい!!!!!!!

友人に教えてもらった太刀レシピ回してね、一発目で獅子王ちゃんが出たのは運命としか言いようがない。かわいい。獅子王ちゃん出てから「え?かわいいな?」ってずっと呟いてたから。もうドンピシャ。モロタイプ。
早速 隊長にしたよね。迷いなく。きみに決めた!っつって。そしたら、

「俺が隊長か!!やったぜ😁✨」

永遠に隊長だよ〜〜〜〜〜〜〜う!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

いやもう、正直、一回 隊員に替えたんだけど、「隊員!?俺 隊長がいーなー!」って言われて、即 戻した。隊長がいいよね!!って。獅子王ちゃんしか隊長はいないよぉ〜って。隊長だからおめかししなきゃ!って獅子王ちゃんのために特上出るまで刀装回した。チンパン審神者による明らかな贔屓がこの部隊で行われてる。

で、まあ、獅子王ちゃんを隊長としか部隊で出陣してたんだけど、誉ってやつを貰うのがね、九分九厘 にっかり。笑う擬音語が皆と違うことで名を知られてる、彼。

c0294477_23362302.jpg


まあ始めはねー、にっかりが頑張ったんだなって程度で。微笑ましく見てたんだけど。
本丸戻って部隊の様子を覗いたら、薬研が疲れてんの。特に目立った行動もせず、戦に喜びも悲しみもせず戦っていた薬研が。

c0294477_23362401.jpg


ハア?って思って。なんじゃコイツは?って思いながら、友人に文句言ったよね。

私「なー、薬研 疲れてんねんけど。」
友「オレンジ?だったら少し待てば治るよ」
私「なんで薬研が疲れんの?誉貰うくらい頑張ったにっかりなんかばり元気やのに。薬研 何もしてないやろ。」
友「ちげーよ!頑張ったのに褒めてもらえないから疲れてんの!!」

なんだその心が痛くなる設定・・・

そっからは、もう、薬研親衛隊と化した。DMMがどう言おうと、私はお前に誉あげるから!!って。抗議ですよ、抗議。にっかりが誉貰うたびに、「でも薬研 柄まで通してたよ!?」って。オメーちゃんと薬研のファインプレー見てた!?って。にっかりの笑顔に見惚れてたんじゃねえだろうな。審議は公平にしろよ。
な・の・に!誉を貰うのににっかり、またもやにっかり、お次もにっかり、これまたにっかり、今度こそにっかり、またかよ にっかり!!友人もスカイプの向こうでにっかりの誉ボイスを聴くたび「また・・・ww」って笑ってたから。にっかりばっかりばっちりにっこり。「笑顔が一番だよ。・・・最終的にはね。」とか言ってっけど、あのさ、最終的も何も、一貫して笑顔じゃない、アナタ?桜がね〜、舞いっぱなし。にっかりをね、祝福しすぎ。なんかもうキレそう。そう、ってか、キレてた。
べつにね、にっかり、嫌いじゃない!ぜんぜん好きなの。笑顔とか、もっと見せて!って思う。けど、同じ部隊に 頑張ったのに・・・ってしょげてる仲間がいたら、「今回の誉は、彼に・・・」って遠慮するくらいの心はあってもいいと思うわけ。これから皆でやってくんだから。ここで亀裂をつくんな、お願いだから。薬研が夜に「大将・・・もうここではやってけねぇ」とか言いに来たらどうしてくれんの?どうもこうも引き留めるけど。にっかりには明日の朝礼でよく言っとくから・・・って。

で、まあ、薬研をひたすら応援してたら、恐れていたことが起きたよね。もう一人、でた。お疲れちゃんが。美形を布越しにアピールしてくる山姥が、重度の疲労を背負ってた。

c0294477_23362441.jpg


まあ、お前はな・・・

お前は、こう、言葉の節々に、メンタルに難ありみたいな雰囲気だしてたもんな。ごめんな。ツライ思いさせて、戦に駆り出して。大丈夫、私はわかってる。お前は偽物なんかじゃないよ。自信もって!前向いて生きてこ!

そんな励ましも虚しく、疲労は回復しなかったのでここでお開きになりました。
ゆっくりおやすみ・・・って灯火(パソコンの電源)を消した。次の戦闘ではきみたちに誉あげるから。DMMとにっかりには空気読むよう言っとくから。ね。

そしてその後、無事に薬研と山姥にも誉を与えることができ、獅子王ちゃんもそのかわいさを失わず隊長としてうまく部隊をまとめ、ようやくチームとしてまとまってきたかな・・・ってときに、新入りがきました。

c0294477_23362424.jpg


せっかく陸奥がやる気になってくれたっつーのに・・・!!

あー、陸奥と手を組んで反乱起こされたらどうしよう。
不安を抱えながら、現在はこの六人の部隊で頑張っています。それにしたってなんで獅子王ちゃんみたいなかわいい子が戦になんか行かなきゃなんねーんだ。実家でスイカ食べながら青空眺めてろ。いつか私がそんな世界に連れてってあげる。




[PR]
by r_nejp | 2015-05-28 21:55 | GAME/COMIC